説明文と違う商品が届いた!

商品トラブル
商品間違いのトラブル

メルカリには個人でもたくさんの出品をされている方がいます。
私自身は数個のレベルで出品していますが、それでも1日に複数個が売れた場合、発送段階で、送り先を間違えそうになることもしばしば。

プロのネットショップでも違う商品が届く場合がありますね。
故意でなくてもこのような送り先ミスには気をつけたいものです。

 

説明文と違う商品が届いた場合

商品トラブル

まず、メルカリでは「受取評価は絶対にしないでください。」と呼び掛けています。

出品者とやりとりをする取引メッセージで、違う商品が届いたことを伝え、双方で今後の対応について相談・合意するように進めます。

説明文に「ノークレーム・ノーリターン」の記載があったとしても、偽物や出品時と異なる商品が届いた場合、対応や保証をしなくてもよいということにはなりません。

そのことを出品者に伝え、双方で相談・合意する必要があります。

※相談等されていない場合や、すでに受取評価をしてしまった場合、事務局にて対応することが難しくなります。メルカリガイドより

 

返金等の必要が生じた場合、購入者の方は出品者に商品を返品します。取り引きメッセージ欄で商品の返品をおこなうこと、また出品者に商品が届いたこと等が確認されたあと、メルカリ事務局が返金手続きを行ってくれますが、必ずお問い合わせフォームから、商品名・取引相手のニックネーム・経緯などを明記の上、事務局への連絡は必須です。

 

偽物が届いた場合

メルカリではブランド品の取り締まり巡回を強化してくれていますが、それでも全ての対応が難しいのが事実。万が一、届いた商品が偽物だと判明した場合、メルカリでは「受取評価は絶対にしないでください。」と呼び掛けています。

 

出品者にも偽物である旨を伝え、双方で返品/返金に向けて話し合いが必要となります。

上記の「説明文と違う商品が届いた場合」同様で、「※相談等されていない場合や、すでに受取評価をしてしまった場合、事務局にて対応することが難しくなります。」とのことです。

メルカリ事務局のサポートは、なかなかイケてると私自身は思っています。困ったら「よくある質問」や「ガイド」を確認して、該当する回答が得られない場合、お問い合わせフォームより事務局に質問すると24時間以内に返信していただけることが多いです。

返金処理や返品などについて、直接口座番号を伝えたり、返品ページを作ってしまうと、トラブルの原因になるので避けた方が無難ですね。

メルカリは基本、双方で話し合ってをプッシュしていますが、経緯についてはメルカリに必ず連絡をし、事務局に流れを知ってもらっていることは第三者の役割をしてくれますので、安心です。

 

送料込みの商品が着払いで届いた場合

着払い

説明文には「送料込み」と明記されているにも関わらず、着払いで届いた場合は商品の受け取り拒否をし、正しい発送方法で再度発送しなおしてもらうように、取り引きメッセージで出品者と話し合うことが必要となります。

その前に、購入者側の勘違いということもありますので、まずは購入した商品が着払い(購入者が負担)で出品されていたのか、送料込み(出品者が負担)で出品されていたのかを今一度、確認してください。

購入した商品
サイドメニュー → 購入した商品 をタップすると、購入した商品ページに、「取引中」と「過去の取り引き」が見えます。受け取り評価をしていない場合、「取引中」に商品が表示されますので、送料込み(出品者が負担)で出品されていたかが確認できます。

●着払い(購入者が負担)→送料は商品価格に含まれていませんので、購入者が負担することになります。
●送料込み(出品者が負担)→送料は商品価格に含まれていますので、出品者が負担することになります。

すでに商品を受け取ってしまった場合は、取引メッセージで取引相手と話し合い、送料の負担や商品の返送などを相談します。

関連記事

  1. メルカリ 報道発表

    メルカリ、新クリエイティブCM放映開始のお知らせ〜みんな知っ…

  2. メルカリ 値引き交渉

    メルカリで値段交渉された時の回避方法

  3. メルカリで値下げしても売れないものは新たに出品する

  4. amazon 転売

    メルカリで転売商品買っちゃった

  5. ポイント

    これからメルカリ登録をされる方へ

  6. メルカリ ネコポス

    メルカリ便(ネコポス)って?