メルカリから「商品削除のお知らせ」メールが届いた

ノーブランドでもブランド品そっくりはダメ!

ルイヴィトンそっくりのバッグを出品。ただ正規品ではないので「ノーブランド」と明記して出品したが、出品直後に下記の通り、メールが届きました。

本当に出品直後だったので、メルカリの監視体制に思わず称賛♪

 

「商品削除のお知らせ」

いつもご利用いただきありがとうございます。
メルカリ事務局です。

ご出品いただきました商品ですが、「禁止されている出品物(正規品との確証がない商品)」または「著作権、商標権など他人の権利を侵害するもの」に該当するおそれがあるため、事務局にて削除させていただきました。

■該当商品
商品ID: **********
商品名: ノーブランド バッグ
価格 : 2,999

※ご自身にて確実に「正規品」「本物」との確証および、責任が持てない商品の出品はお控えください
※正規品の証明となる鮮明な画像(保証書等)の掲載および、入手ルート(購入店舗等)を記載のうえご出品ください

上記の掲載・記載が確認できない場合、利用制限の措置を行わせていただく可能性がございますので、再出品の際はご注意ください。
なお、偽物やコピー商品を販売する行為は、違法行為です。刑事罰の対象となりますので、出品をお控えいただきますようお願いいたします。

みなさまに安心・安全にご利用いただくために、是非ご協力をお願いいたします。

メルカリ事務局 スタッフ一同より

 

ご自身にて確実に「正規品」「本物」との確証および、責任が持てない商品の出品はお控えくださいとのこと。

確実に「正規品」「本物」ではないので、『ルイヴィトン風』ノーブランドで出品したのですが、ダメなようです。『ルイヴィトン風』って言葉がダメだったのかな?

参考になればと思い、記事にします(^^)

関連記事

  1. 商品トラブル

    説明文と違う商品が届いた!

  2. メルカリ 値引き交渉

    メルカリで値段交渉された時の回避方法

  3. Yahoo知恵袋にメルカリの公式アカウント

  4. 女神カメラアプリ

    フリマ出品商品撮影におすすめのカメラアプリ

  5. メルカリ 暗黙のルール

    はあちゅう「利用者にしかわからないメルカリルール 暗黙の了解…

  6. メルカリでのプロフィールの注意点